自宅でのFAX活用シーン

自宅でのFAX活用シーン

自宅でのFAX活用シーン パソコンやスマートフォンなどの普及により、活躍する場面が少なくなってきたFAX。
しかしシーン別に使い分けることで、今も上手に活用する事ができます。例えば、すでに関係者が帰宅した後に、次の日の緊急の会議が決まった場合などは、関係者が自宅で確実にメッセージが受け取れるFAXが最適です。電子メールや様々な意思伝達ツールはありますが、相手がいつのタイミングでメッセージを読むかわかりませんし、誤送信などの心配もあります。

設計図などの図面や手書きのメモなど、画面では伝えにくい情報を相手に確認してもらう時にも、正確に情報を送る事ができます。
また、パソコンやスマートフォンなどの電子機器を使いこなすのが苦手だと言う方にとっても、FAXは心強い味方です。
例えば様々な年代の方が集まる町内会の会合の案内や、現役を引退なさった方々の同窓会の案内などは、日時や場所などをわかりやすく1枚にまとめてFAXで送ると相手にとっても理解しやすく、記録として残しておけるのでとても便利です。

自宅にFAXがなくて後悔する瞬間とは

自宅にFAXがなくて後悔する瞬間とは 自宅にFAXがなくて後悔する瞬間は相手先の人が地図などをFAXで送るといった時に、ないよという返事をしなければならないような時です。そんなときにはFAXがあれば良かったと感じます。
今はネットでさまざまな情報をやり取りすることが出来る時代ですが、便利なようでもなかなか地図のようなものはすぐに見ることが出来なかったりするのです。グーグルアースのようなものでどこでも見られるようにはなっていますが、ある特定の場所に集合といったような場合の手書きの地図のような代わりにはなりません。
手書きの地図を送ってもらうような機会はあまりないのですが、同窓会のようなものがあったり、たまにいくキャンプなどの集合場所を送ってもらったりするようなことがあったときには便利だと感じます。
最近はデジタルのものもあるようですから、それを利用しようかとも思うこともあるのですが、面倒でしていないのが今の状況です。あると便利だなと感じることがたまにあります。